水漏れ修理は誰もが経験する可能性のあること

水漏れ修理は誰もが経験する可能性のあること トイレや蛇口といったものは消耗品です。使っているうちにどんどんと劣化していきます。そのためある程度の年数を使っているとある日突然水漏れを起こすようなことがあります。
このようなトラブルが起きた時、とても驚きますし慌ててしまいますが適切に対応をすれば被害を最小限に抑えられます。特に集合住宅の場合には下の部屋の人に迷惑をかける可能性もあるので早急に対応が必要です。

■水漏れが起きたらまずは応急処置を

水漏れが起こったら業者に問い合わせて修理を依頼しなければならないと思われがちですが、それよりもまずは応急処置で水を止めることから始めます。多くの場合、水が流れてくる元栓である止水栓を止めれば水が漏れ続ける状態を一時的に止めることができます。
止水栓を止めることによって水が漏れてこなくなるので部屋の床が傷むことを防げますし、マンションの場合には階下への被害をおさえることができます。そして冷静になって対処ができるようになります。ただ、これはあくまでも応急処置です。水を使うために止水栓を開ければまた水漏れをしてしまいます。きちんとした修理は応急処置で水を止めて状況確認をしてから行うようにしましょう。

■水漏れの原因を探す
止水栓を止めて水が止まったら水が漏れている原因を探していきます。多くの場合、止水栓を止めても水がちょろちょろと出てきていることがありますし、水でよく濡れている場所があります。そういった場所を確認すると水漏れが起こっている場所が見つかるのです。
水が漏れている場所がわかったら原因が見つけやすくなります。ただ、場合によっては水が漏れている場所がわかっても中にある排水管にトラブルが起きていたり、複数の箇所から水が出てきていたりすることもあります。そういった場合には個人での対応が難しいので業者に修理をお願いすることが必要になります。

■集合住宅の場合には管理組合や大家さんに連絡を

水が漏れていると専門業者に依頼をして修理をしてもらわないといけません。戸建ての持ち家であればすべて自分の判断で行うことができますが、住んでいる住居タイプによって業者の修理が必要な場合の対応方法は違うので気をつけましょう。賃貸物件の場合には、普段支払っている管理費によって修理をしてもらえる場合もあり、修理にかかった料金を貸主側が負担してくれることもあります。そのため、大家さんや管理業者が作業を任せている工務店があることが一般的です。水が漏れている場合、修理の依頼は管理組合や大家さんにお願いすることになります。
分譲住宅に住んでいる場合には個人の対応と管理組合の対応と場合によって違います。トイレに異物を流して詰まらせて水が漏れたり洗濯機の排水ホースが外れて水が漏れたりするような人為的な原因は個人での対応が必要です。それに対して共用部分の配管からの水漏れの場合には管理組合の対応になります。
分譲マンションの場合にもコンシェルジュがいたり、サポート会社があったりする場合には人為的な原因であってもそういった業者に問い合わせてサポートを受けられる場合もあります。そのため自分の住んでいるマンションの規約や管理組合の書類を確認してどのように行動すればいいのかを確認して行動をするようにしましょう。

■まとめ
家で水漏れが起きたらまずは応急処置で水を止めて自分で解決できる問題なのか業者に依頼をしなければならない問題なのかを確認します。その後、自分で修理が難しい場合には住んでいる住居のタイプによって相談すべき場所が違ってくるので注意が必要です。賃貸物件の場合には個人の判断で業者を呼んで修理してもらうと後からトラブルになることもあるので気をつけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース